2020年04月29日(水)

ゴールデンウィークも営業しております。

いまだ世界中に猛威をふるっている【新型コロナウイルスCOVIT-19】の
美容師が考える髪の毛への対策方法についてお話していきます!!

今現在非常事態宣言が出されていて皆さんもあらゆる対策を取られていると思います。不要不急の外出を控える、マスクの着用、手洗いうがい、手指消毒など
徹底している方も多いですよね!

では新型コロナウイルスと髪の毛って関係ある??

美容師目線でさらに対策を施すとしたらどのようになことをすればよいのか!!
いち美容師として皆様に貢献できるように考えてみました(^^♪

美容師が考える対策4選!!

対策その1 スタイリング剤を付けない

通常時であればスタイリング剤を使ってきれいにかっこよく
していてもらいたいのが本音なのですが、
スタイリング剤は使うと分かるように毛と毛をくっつけるノリのような役割をしています。このくっつく作用が毛束を動かしたり、束間を出したりします!
ウィルス対策の面から考えるとこのくっつく作用が裏目に出てウィルスまでくっつけてしまう可能性があります!
この時期予防対策を一番に考えるなら今はスタイリング剤を付けないで
ナチュラルなスタイルでお過ごしいただければと思います!

その2 むやみに髪を触らない

今回の新型コロナウイルスの感染ルートが一番多いのが
目、鼻、口などの粘膜に触れて体内に入ってしまうケースです。
触れ目、鼻、口に入ってしまうわけではありません。
飛沫が付いているもの(ドアノブや吊革)に触れ
ウィルスが付いてしまったご自身の【手】から、ご自身の顔に触って目、鼻、口などの粘膜部分から体内に入って感染してしまうのです。
人は無意識に1時間に20回程度顔を触っているといわれております!
なので手指消毒とマスクの着用でできる限り直接顔を触らないようにした方が良いのです。
つまり万が一コロナウイルスが付着している髪の毛に触り、
そのまま目、鼻、口を触ってしまって感染するという可能性もあるのです!!
無意識に髪を触ってしまう方も多いと思いますので、なるべく触らないように意識することが大切になってきます。

その3 帰宅したらすぐにお風呂に入る


外出先から帰宅してすぐに手洗いとうがいをされる方は多いと思います。
家に帰ったらいろんな所を触る前にいち早く手洗いをすることは非常に大切ですよね!ただウイルスが付着しているのは必ずしも手だけとは限りません!
髪の毛や服にも付着してある可能性も十分にあるのです!
なので手洗いうがいしてから服脱いで、お風呂で髪や体をシャンプーや石鹼できれいに洗い流してあげることがおすすめです!
そのままお部屋に入るとあらゆるところにウイルスが付着してしまう可能性があるので気を付けてください。
花粉の対策にも言えることなので覚えておいてくださいね(‘◇’)ゞ

その4 髪の毛はドライヤーできちんと乾かす

これはウィルス対策だけでなく普段のヘアケアの視点からも大事な事なのですが
濡れている髪の毛は痛みやすいのと、頭皮が濡れたままになると匂いやかゆみの原因にもなるのでお風呂から出たらすぐに髪を乾かすことが大切です!
そしてコロナウイルスに限らずウイルスは高温に弱いとされています!
ドライヤーの温度は約100℃なのですが、実際に髪や頭皮に到達するころには60℃~40℃の温度になっています。
シャンプーをしてウイルスが仮に残っていても熱を加えることで不活性化させることができます(‘ω’)
また、ストレートアイロンやコテを使って100℃以上の熱を当てればほぼウイルスを死滅させることができます。
基本的にはシャンプーなどの界面活性剤を使えば十分除去できているとは思いますがヘアケアも含めて毎日ちゃんと髪を乾かしてくださいね(^^♪
髪の毛のウィルス対策まとめいかがでしたでしょうか?
今回紹介した
1.スタイリング剤を付けない
2.むやみに髪を触らない
3.帰宅したらすぐにお風呂に入る
4.髪の毛はドライヤーできちんと乾かす

この4つは、誰でも気軽にできることだと思いますし、
納得いただける内容になっているかと思います!
髪の毛にはあまり付着していないとは思いますが
少しでもリスクを減らすには良いのかなと思います(*^^*)の行動に少し意識をすれば良いことなのでぜひ意識してみてください!

 

 

 

ARCHIVES

LATEST POST

CATEGORY